Web2.0なんて『つゆ知らず』

〜へなちょこアドマンの備忘録〜 Web2.0なんて、つゆ知らず
<< 企業から注目される『kizasi.jp』 | main | ネット放送がテレビで見れる!? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | ブックマークに追加する
吉本興業と手を組むYouTube
YouTubeが日本戦略加速 成功のカギは「パートナー」
「パートナーのビジネスが成功して初めて、YouTubeは成功する」――来日したGoogleのコンテンツ担当副社長デービッド・ユン氏は8月2日、都内で開いた記者会見でこう繰り返した。
画像 「こんなにたくさんのメディアに集まっていただいて驚いている」とユン氏
日本のYouTubeユーザーは米国に次ぐ2位。6月19日に日本語版を開設するなど、「YouTubeにとって日本は重要な戦略拠点」(ユン氏)となっている。YouTubeは日本の強力なメディア企業とパートナーシップを結び、優良コンテンツを確保しながら、広告を中心にしたビジネスを展開していきたい考えだ。
Youtubeが本格的に日本事業戦略を打ち出しました。
その戦略にはパートナーが絶対的に必要と考えたGoogle、YouTubeがmixiと吉本興業などと手を組むことを発表した。
mixiはYouTubeを日記に引用できるようにと、YouTubeに新設されたmixiのアイコンから、ワンクリックで投稿できるようにした。
この2大メディアが組むことは意味ある。
mixiとしてもmixi動画がイマイチだったので、YouTube動画を引用できることでコミュニケーションの幅が広げられる。YouTubeにしても日本で圧倒的人気のSNSの会員により動画投稿、PVを増やせるメリットがある。

それよりも私が注目しているのは「吉本興業」だ。
今やエイベックスやジャニーズより視聴率が取れる吉本興業がYouTubeを手を組むことは面白い。
YouTubeとお笑いは親和性が高いと思う。
YouTubeにお笑いやバラエティの動画の投稿数は多く、またYouTubeで話題になったり、人気に拍車がかかる芸人も少なくない。(ムーディー勝山とか、吉本じゃないけど小島よしおとか)
“数字のとれる”吉本興業と提携し、制作部門を強化し、今までにない異色メディアになることを期待している。

だが、それには著作権や違法アップロードの問題が山積み。
法律ギリギリの人気メディアのさらなる品質向上はされるのか??

関連記事
YouTubeが日本戦略加速 成功のカギは「パートナー」
「YouTubeの対策はまだ不十分」

↓このブログ、何位??

ranking



| 動画 | comments(4) | trackbacks(0) | ブックマークに追加する
スポンサーサイト
| - | - | - | ブックマークに追加する
なんか、どんどんブログパーツつけたりして拡張してるねwww 吉本たしかに見たいね。joostみたいに視聴回数に応じて料金が発生するモデルで著作権がしっかりできればたぶんいけると思う。
| isaka | 2007/08/08 10:36 AM |

コメントありがとうございます☆
吉本の若手番組とかYoutubeで発見してブログに載せたいです。ユーザー投稿じゃなく、制作番組ならJoostみたくできそうですね〜
joostやってみたいです☆
| matsu | 2007/08/09 2:44 AM |

youtubeの中の吉本の番組だけを集めてそれに何か付加価値をつければオモシロそうだね。(例・ニコニコ動画みたいに)そいやjoostとは関係ないけど「3分」のハリウッドみたいな動画サービスがあったような。。。セリウッドだっけか。忘れたわ。
| isaka | 2007/08/09 10:32 PM |

セリウッド調べてみました。携帯電話の動画なんですね☆
なんか映像媒体が変わるにつれ、表現方法も変わっていく感じですね。三分映画見てみたいです!
| matsu | 2007/08/10 4:41 AM |










http://tuyushirazu.jugem.jp/trackback/7
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ